入学祝い 例文

入学のお祝いは、小学校や中学校進学に際して出す場合、あるいは入学されるご本人の両親との繋がりで出す場合、ご両親宛に書くことが多いものです。

先方様のお子さんの成長を喜び、前途を祝う言葉を述べます。

受験に合格し、新しい学校へ進学するかたに出す場合は、ご本人やご家族にとって大きな喜びですので、人生の大切な節目を心から祝福し、今後の生活を激励する内容にします。ただし、必ずしも希望どおりに合格したとは限りませんので、そのあたりの事情も踏まえて書く必要があります。


ご子息が小学校に入学される知人にお祝い

春爛漫の好季節を迎えました。

○○ちゃん、小学校ご入学、おめでとうございます。

四月からいよいよ一年生、月日の経つのはまことに早いものでございます。

ご家族の皆さまは、真新しいランドセルを背負われて、○○ちゃんが学校の校門をくぐる日を首を長くして待ち望んでいらっしゃることでしょう。

お祝いとして、本当に心ばかりの品で恐縮ではありますが、ノートと鉛筆、絵の具セットを送らせていただきました。

先日、○○ちゃんがお気に入りと私に打ち明けてくださったキャラクターもので統一してみました。

初めての学校生活が楽しく有意義なものになりますよう、心からお祈り申し上げます。

取り急ぎ、一筆ご祝詞まで。


ご息女が大学合格をされた知人へお祝い

春暖の候、相変わらずご繁忙のこととお察し申し上げます。

このたびはご息女○○様が△△大学に進学される由、まことにおめでとうございます。

たしか、△△大学は、貴兄の出身校ではありませんか?

伝統ある名門校、たいへん高い競争率を突破しての合格は、ご本人様はもとより、ご両親様にとりましても、大きな喜びでございましょう。

受験準備中は、何かとご心労も多かったこととお察し申し上げます。

お祝いは何がよろしいかと考えましたが、妙案が浮かびませんので、心ばかりのおしるしを同封いたしました。

些少ながらなにとぞお納めください。

まずは略儀ながらお祝いまで。